ガッデムサラリーマンの脱サラ物語

会社じゃ「経営層」なんて言われてるけどさ、人間なんだから面倒臭せぇこともあるよな。さーて、脱サラすっかな。

俺の投資ルールの致命的な欠点を改善する [パート1]

 

誰もそんな細かいところに気付いているはずもないのだが、俺に投資のルールは致命的な問題を抱えている。というか、正確には誰もこのブログに気付いていない。

いや、自虐的になるのはよそう。そう、それは「損切り」のルールがないことだ。

利益確定は10%プラスのところで行なっているのに、損の方は底なし沼なのさ。まさしくこれは負け組の「小さく儲けて、大きく損する」パターンになることは間違いない。

現状を見れば一目瞭然。バロックソースネクストはすでに10%以上の損が出てしまっているのに、どこまでこれを放置するのかという方針も決まっていない。

f:id:gdmm:20170801062928p:plain

類似の問題ではあるが、長期滞留しちまう銘柄の処理の仕方についてもルールがない。

今は新しい銘柄をどんどん新規買い入れしてきたから気が付いていなかったが、上記の問題を放置すると、いつか自分の保有する株資産は「損切り出来ず大きくマイナスになった塩漬け銘柄と、大した値動きがなく10%の利益確定もできない、ただ持っているだけの銘柄」だけになる。そうなれば、他にチャンスっぽいイケイケ銘柄があっても、買付けるための資金もないんだから、指を咥えて見ているだけの状態になる。
まぁ、往々にしてそのチャンスと思った自分の目が狂っているから、買わなくて良かったね、という恥ずかしい結果になることも少なくないんだろうがな。

いや、自虐的になるのはよそう。

俺の理想形は、常に一定の儲けが出て、それが複利によるブーストアップによって果てしなく増えちゃう、という夢物語なんだから、いかにもそんな停滞状態に陥るのはマズい。だって、それはすなわち俺の脱サラは失敗に終わり、プチ奴隷のまま人生を浪費していくことになるんだからな。ヤバ。そんなの嫌だぜ。

いずれにせよ、「塩漬け化」、「長期滞留」させないためのルールを作らなきゃならないな。

この段階では「どう処理するか」という問題は先送りしよう。まずは、「どういう条件になったら、通常の”10%上昇したら利益確定する銘柄”という取り扱いから、”特別管理銘柄”に格下げするか」ということだ。

ルールに理屈はいるけど、素人の屁理屈なんて役に立ちゃぁしない。ということで、決めちゃおう。実験みたいなもんだからな。

まずは「塩漬け化防止」のために、「10%下落した銘柄」は格下げすることにする。また「長期滞留」を防止するために、「3ヵ月間経っても10%上昇しなかった銘柄」も格下げだな。

処理の仕方は次回までの課題ということにして、とりあえずExcelで管理できるように準備だけしておこう。今の銘柄じゃぁ、バッチリ先に挙げた2銘柄が特別管理銘柄って訳だな。

さぁ、どうしてくれようかなぁ…。