ガッデムサラリーマンの脱サラ物語

会社じゃ「経営層」なんて言われてるけどさ、人間なんだから面倒臭せぇこともあるよな。さーて、脱サラすっかな。

脱サラとか言ってる俺のショボショボプランに萎え。

さて、「金を稼いで、脱サラしちゃうぜ!」何て鼻息を荒くしちゃってる俺だけど、「何をやって」、「どのくらい稼ぐのか」ってことをよく理解しておかないと、まっすぐターゲットに向かっていけなくなっちゃうぜ。ただでさえ時間は無いんだからなぁ。

「何をやって」の部分は、最近のエントリで書いたみたいに、とりあえずのところ「ブログ」と「投資」だとしようか(いかにも失敗しそうな2つだけどなぁ)。

この2つには大きな違いがある。

ブログの方は、まぁちょっと照れちゃうけど、俺がモノを書くのが好きなこともあるからよ、「好きなことをやって稼ぐ」という部門って訳さ。正直言って今までのところ、一銭もブログでは稼いでいないんだけどな。

一方で「投資」の方は、単なる金を増やす手段であって、「好きなこと」とは言えないだろうな。もちろん、買った株がグイグイ上昇しちゃったりしたら、そりゃまぁ嬉しかったりもするけどさ、極端な話、ローリスク、ローリターンの投資でお金が入って来る、例えば預金に対する金利が付くなんてことをやっていても、「俺ってば好きなことやって、生きがい感じちゃうなぁ~」なんてことにはならないだろう。

 

こうやって見てみると、やはり俺のプランはあまりに脆弱だ。
ハッキリ言えば、「投資が上手くいけば、脱サラできるし、そうじゃなきゃ、そうならない」っていうことだろう。
しかも、独りでシコシコブログを書いているだけでガバガバ稼げるなんて、本当はそんなことは起こらないことはわかってるんだ。投資が上手くいきゃぁ、止めちゃうんじゃねぇかな。

つまり、一般的な脱サラ族の皆さんはってのは、この俺のフラフラしている部分が「起業で勝負」ってことになってるんだな。俺もこっちの部分をもう少し真面目に考えないといかんのだろうね。

本当に一人っきりでやるのかどうかってことも含めて「生きていくためのビジネスモデル」を考えなきゃいけねぇってことさ。

何だかやさぐれた感じになってくるけど嫁に稼ぐ環境をどう与えていくのか、ということも一つのポイントなのかもしれねぇ。

でも、「何がやりたいか」なんてウンウン唸って悩んでいても仕方がねぇさ。今は金になろうがなるまいが、ブログは書いてみるよ。せっせとアフィリエイトを貼り付けてなぁ。