ポンコツサラリーマンのガッデムぼやき節

会社じゃ「経営層」なんて言われてるけどさ、人間なんだから面倒臭せぇこともあるよな。さーて、脱サラすっかな。

俺に脱サラする日は来るのだろうか?(4)

 

さて、前回はアテもないのにブログで稼いじゃうなんて良い夢を見た訳だが、ついでにもう一つ夢を見れる可能性があるのが「投資」だぜ。

ただ、以前のエントリでも触れたが、大体シロウトが「さて、稼ぐか」と気軽に参入して稼げるくらいなら、サラリーマンなんて職業に誰も就いたりしない。
特に、デイトレードだのスキャルピングだの瞬時の判断が求められるようなトレードのジャンルじゃ絶対にプロに負けるんだろうな。大体そんな取引は今や人間がチャートを見ながらパソコンの前でカチカチクリックして取引なんてしてないんだろうぜ。頭の良い奴らが作ったAIプログラムが、ビッグデータから得られた統計に基づいてものすごいスピードでトレードをしていやがるんだろう。

特にFXは素人には向いていないだろうな。もちろん、経済のファンダメンタルズの影響もあるんだろうが、結局はどっちに動くにしても大した理由はないって言うのかな。日本人目線でなら1ドルいくらってのを基準に値上がりしたり値下がりしたりしているように見えるけれども、メリケンから見りゃ全く逆の動きで1円いくらって動きをしてるんだからな。当たり前だけどよ。

それに比べりゃ株の方はまだ随分マシだろうぜ。だってさ、企業は頑張って利益を出そうとしていやがるんだ。つまり、FXの値動きが単なるゲームだとするなら、株価ってやつは、「上げたい」という人間の意思があるんだよな。まぁ、実際には競合他社は他社をぶっ潰してやろうと躍起になってるんだから、値上がりするだけの方向に力が働いているとは言えないけどさ。
だから、利益を上げている企業、自分が伸びると思うビジネスを展開しようとしている企業、経営者が信頼できる企業などなど、自分の目を信じて投資できる可能性はある気はする。それでも、デイトレードとか短期取引ではシロウトには勝ち目はないだろうがな。

で、ここでこれまでグズグズ言っている、10年後に脱サラするということに繋げていかなゃならねぇ。えぇっと、月に58万円稼げるようになればいいんだよな。どうやって計算すりゃいいんだろう。

やっぱり、年率でどのくらい稼げればいいのかってぇ前提がいるかな。
うん、なるほど、例えば年率5%を稼げる状態になっているとするなら、年間で700万円(58万円×12ヵ月)を稼ぐためには、700万円÷5%で1億4000万円の資金を運用している状態になっていなきゃならねぇ訳か。

で、10年間で年率5%で運用して1億4000万円にするには、1億4000万円÷105%の10乗ってことだから、今から8594万円を手元に運用しなきゃならねぇ。計算に自信はねぇが、まぁ大して間違っちゃいないだろう。うーん、ねぇな。そんな金。やっぱり、それくらい素人が投資で儲けて専業になるのは難しいことだろうぜ。

逆に今手元に500万円あったとして、それを10年間で1億4000万円にするためには、年率何%で運用しなきゃいけないんだ?ま、計算したところで、そんな年率で運用できるんなら、10年経ってからも、1億4000万円自体がどんどん増えていっちゃいそうだがな。
えーと、えーと、計算の仕方がわからんけど、エクセルでシコシコやってみたら、年率140%で10年後に500万円は1億4000万円を超えるってことかな。月々で103%くらいの運用をしなきゃならない。まぁ、偉そうに言うけど、よっぽど無理だな。

まぁ、こう考えるとやっぱり投資一本槍ってのは現実的じゃないな。
それでも、俺様はちょっと手持ちの金をぶち込んで研究をしてみるつもりだぜ。また、おいおい実況していこうと思うので、生暖かく見守って下さいな。