ガッデムサラリーマンの脱サラ物語

会社じゃ「経営層」なんて言われてるけどさ、人間なんだから面倒臭せぇこともあるよな。さーて、脱サラすっかな。

最近国会が面白れぇんだが、どうしちゃったんだい?

 

最近国会が面白い件

これまでの俺と来たら、日本の政治になんか何の興味もなかったんだが、最近やたらと国会中継が面白れぇんだよな。いや、NHK国会中継をじっくり見てるってわけじゃなくて、YoutubeとかTwitterで見るんだけどよ。何気なく見た、日本維新の会足立康史さんとやらの総務委員会での質疑にはドキッとさせられたんだよな。

国会 爆笑 爽快!おおさか維新 足立氏 民進党はアホ!バカ!日本の恥!嘘つき!最新の面白い国会中継 - YouTube

個人的には、左に寄った輩は昔っから大嫌いなんだけど、これまでは何だかんだ言ってもそういう輩を真正面からボコるのは、どこかタブーだったんじゃねぇか。しかもそれを国会でやっちゃうなんてな。
やれ「民進党のアホ」だの、「共産党破防法の調査対象」だの、どれも事実だけどさ、言っちゃうんだもんな。

タブーを乗り越える覚悟

もちろん、その型破りなスタイルの新鮮さ、バカをボコボコにするスッキリ感ってのが最初に興味を持ったきっかけなんだろうな。しかしだよ、俺が一番感心したのは、足立議員が「命張って、自分が正しいと思うことを主張」しているってことなのさ。
だってよ、共産党は危険な団体だから破防法の調査対象なんだぜ?そんな奴らをあそこまでコケにすりゃぁ、ちょっと血の気の多い鉄砲玉党員がはじけちゃう可能性だってあるわけだよな。それこそが、タブーだったわけだよな。

足立議員は面白おかしくやっているように振る舞っていて、そんなことは気にもしてねぇって雰囲気を見せているけど、実際には危ない橋を渡ってると思うぜ。実際に彼の党といえば一昔前じゃ警察官を殺すような事件も起こしていやがるんだぜ?

そんなタイプの野郎どもがネット番組「報道特注」に集まってる。和田政宗議員、丸山穂高議員、百田尚樹やら、最近じゃちょっと騒ぎになってる山口敬之氏なんかだね。こいつらは、何の躊躇もなくタブーを破って、自らリスクを冒していやがるんだ。だからこそ、本当に日本のことを良くしたいと思ってるんだろうと信じられるのさ。

そんなこと言ってる俺はどうなんだ?

そんな命知らずの男たちと比べて、さて俺はどうなってんだって話だな。

いやはや恥ずかしい話だけどよ、Twitterやらブログじゃ元気いっぱいの俺様ってば、現実の世界じゃ、例えばほんのつまらねぇ衝突を避けるために、敢えて思っていることも言わなかったり、きっと正しいと思いつつも、間違ってたら恥ずかしいから発言しなかったり。そんなことばっかりなんだよな。ヘタレってやつさなぁ。

でもさ、会社を良くしたいと思うなら、自分の考えていることを言わなきゃ、タダ飯食ってるようなもんだぜ。まぁ、本当にテメェは会社が好きなのかと正面から聞かれるとちょっぴりタジタジになるところもあるんだがな。

何にしたって、俺たちジジイは手も動かなくなってきてるんだ。せめて頭と口くらい動かさなきゃな会社でやることがないだろうよ。

そんでもって、他人と主張しぶつかり合う中で、仕事の質も高まっていくってもんだ。人間関係も悪くなることだってあるだろうけどよ、その程度で悪くなる人間関係なんぞ気にする必要なんかないんだからな。ヒーローもののマンガで散々殴りあった後で、2人でぶっ倒れながら、「いいパンチだったぜ、アンタ…」みたいなのは、俺は気持ち悪いから嫌いだけどよ、でもぶつかり合って深まる人間関係だってあるはずだぜ。
だからな、久々に「いいもん見せてもらった」と感じたんだよな。

サラリーマンだってやれるんだ

良い時代になったもんだ。言いたいこと言ったって、まぁそんなに簡単に消されちまうことはないだろう。
だったらさ、俺たちサラリーマンもいっちょ言葉を磨いて、自分が本当に正しいと思うことを主張していくことにしてぇもんだよな。