読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツサラリーマンのガッデムぼやき節

会社じゃマネジメント層のくせに、それが面倒臭くて仕方ねぇポンコツな俺のボヤッキー。

英語ができるだけで重宝がられるポンコツジャポン企業。

労働

 

まぁ何だ、一つ前の投稿じゃぁ、英語ができねぇポンコツ部長のことで頭に来ていたのは確かだがよ。少し発想を変えてみることもできるだろうぜ。

確かに日本人にとって英語は大きなハードルだ。欧米の野郎どもが一切の努力をしなくても、最初から使えるものに時間も金も掛けなきゃならねぇ。グローバル競争なんて気軽に言っているけどよ、ものすげぇハンデ戦だよな。

だけどよ、あんたがもし日本のポンコツグローバル本社に勤めているなら、きっと悪い話ばかりじゃないはずだ。そう、あんたがちょいと英語が話せるだけで重宝がられちまうのさ。何だか、それってありがてぇ話じゃぁねぇかな。

ビジネスセンスだのリーダーシップだの、とかく人間の元々持って生まれた資質だとか地頭の良し悪しに強く影響を受ける能力ってのは、努力だけでは身に付かない可能性もある。そもそもそれを評価しようとする野郎にも大きく左右されちまうことだってあるだろう。時には社内の政治的な理由とか、ただ単なる好き嫌いでな。

だけど、言葉は頑張ればいつか喋れるようになるのさ。地頭の差はもちろんあらぁな。語学のセンスみてぇなものも無視できないくらいの大きさで存在しているかもしれねぇ。とは言え、努力すれば必ずペラペラになるんだ。

欧米の奴らとしゃべってたって、バカな奴らはいくらでもいる。でも、そんな奴らでも英語はペラペラさ。当たり前だけどな。
そんな奴らは欧米の会社ではもちろん浮かばれることなく、そこを去る運命にあるんだが、ポンコツジャポン企業じゃぁ事情は違うぜ。英語が本当にペラペラの日本人は何といっても大切にされるのさ。

前回のエントリに書いたような、英語の話せないエグゼクティブ達も実は結構大きな劣等感を持ってる。でも、それを気取られまいとわかったフリをするから、あんたが英語でやっている仕事に下手に指摘をしてくることもなく、基本的には「まぁまぁ、いいんじゃないか」なんて中身もよくわかってないくせに認めてくれるものも多いだろうぜ。英語の単語の意味を間違えて指摘なんてして、「あ、部長それは○○って意味です。プ。」なんて言われるのはプライドが許さないからな。まぁ、よくそんな会社が生きながらえられるもんだと感心するがねぇ。

ただ、一つだけ言っとくぜ。「ペラペラ」って簡単じゃないってことだな。

こんな風に偉そうに言ってるもんだから、きっとペラペラなんだろうな、この野郎、なんて俺のことを思ってるかもしれねぇ。確かに、英語初心者から見りゃあペラペラみたいに見えるかもしれんな。でも、実際に欧米人と議論するときは、そりゃぁもう必死さ。わからない単語だってあるぜ。でも、わからないときゃぁ、「何だと?」と聞き返してやりゃあいいのさ。

TOEICなんてテストがあって、しばらく前に受けたら俺のスコアは900点くらいだったな。ま、それなりに「スゲェ」なんて言われる点数かもしれねぇ。ただ、実際のところはテストのコツみてぇなもんで点数を取っているところもあるわけだ。しかも、満点が990点だと聞くから、1割は間違えてるってこったな。(よく知らねぇが、TOEICの点数ってのは偏差値みたいなもんだって聞いたことがあるから、正確じゃないかもしれんが)

外人とガチンコでビジネス会話をしている1割の中身がもしわからなけりゃ、そりゃぁペラペラどころかコミュニケーションが取れているとも言えないだろう。
そう、「ペラペラ」は大変なのさ。実際のペラペラレベルってのは、CNNとかBBCのテレビのニュースや新聞を生でスラスラ聞けたり、読めたりするくらいのことを言ってんのさ。

でもよ、さっきも言ったように、努力すれば必ずあんたもペラペラレベルになれるんだぜ?
さぁ、あんたも上司に下らねぇゴマすりをしてる時間があったら、単語の一つでも覚えたらどうだい?