読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツサラリーマンのガッデムぼやき節

会社じゃマネジメント層のくせに、それが面倒臭くて仕方ねぇポンコツな俺のボヤッキー。

目的が明確に理解できないなら「在宅勤務」なんか止めとけ。

 

昨日のエントリした「経営トップによる働き方改革宣言」にも、具体的な例として挙げられてるんだが、最近はサラリーマンの「テレワーク」に注目が集まっているみたいだな。

実際のところ、「テレワーク」というダサダサの名前(ダサダサだよな?)で聞くことはあんまりなくて、サラリーマンにとっちゃぁ「在宅勤務」という呼び方の方が一般的だろうね。海外ではアメリカで歴史が古く、最近では欧州でもワークライフバランス充実に向けた施策ってことで盛り上がって来てるんじゃないのかな。多分。

在宅勤務なんて聞くと、「おいおい、上司の目がないところで働けるなんて最高じゃんかよ!昼間っからビール飲んじゃうぞ!ワッショイワッショイ!」なんて不謹慎なことを考えたくなるよな。しかし、何と実際には日本人に在宅勤務をさせると大半がオーバーワークしちゃうらしいぜ。全く日本人ってのはよぉ。

日本の会社は、「成果」だけでなく「プロセス(頑張り)」も重視して評価してきたという歴史があるんだよな。上司としちゃぁ、成果が出ていようがいまいが、目の前で一生懸命汗水流している部下の姿に満足してきたって訳さ。(そん中に、昨日のエントリに書いた長時間労働も含まれるって寸法だぁ。)

そんな中で在宅勤務が突然導入しちゃうとさ、そうした「成果じゃなくて汗水を流して頑張っている姿を見せる」ことでサバイブしてきたポンコツ野郎どもは、目に見える成果が出せなけりゃ、「オイ、お前、もしかしてビールを飲んでワッショイワッショイやってたんじゃねぇのか」ってな疑いを晴らせないわな。結果、いつになく報告するための資料なんかを作らざるをえなくなってオーバーワーク、という次第。よくこんな会社がここまでもったね、って話しだけどよ。

最近では色々な企業がこの在宅勤務を導入しようとしているみたいだが、どうもまだ「何のためにやるのか」という部分が自分でもよくわかってないようなケースが多いんじゃねぇかな。

まぁ、一番わかりやすいし、実際に意味がありそうなのは、「子育て」とか「介護」といった理由で「在宅じゃないと働けないって言ってんだろうが!」的な労働力を活用できるようになる、ってことかねぇ。在宅でもやれるような仕事を寄せ集めてやってもらえるんなら、まぁ人手不足が顕著な時期には有効な手段だと言えるだろう。

また、通勤時間の短縮や通勤のストレスの軽減といった従業員満足度を上げる施策として注目を浴びれば、優秀な人材を集めることができたりするかもな。ただ、通勤時間が短縮されてまた長い時間働いちゃうってのもワークライフバランスから見りゃぁ本末転倒だがねぇ。

逆に社長さんが迷走しちゃって訳がわからなくなってんのが、在宅勤務で生産性やクリエイティビティを向上させちゃうか、っていうようなスケベ心を出しちゃったケース。

確かに一人暮らしで誰にも邪魔されず、しかも家でも一人黙々とやれる作業があるんなら、「集中できるので生産性向上したぜ」ってなことはわずかにあるかもしれんが、実際には既婚者の場合は狂暴な配偶者が家の中にはウロウロして雑用を命じられるかもしれねぇし、未就学児童やペットがいる家なら「遊んでくれ」とせがまれ、断った日にゃ泣かれたり咬まれたりするかもしれんわな。つまり、自宅というのは必ずしも集中できる場所じゃぁねぇってことだ。やい、わかったか社長。

ま、実際のところは、会社には同僚との雑談や猥談、上司のつまらない自慢話など生産性を下げる要素はいくらでもあるから、そちらの害の方が先に挙げた配偶者、子供、ペットによる害よりも大きいだろうから、条件付きではあるが生産性向上をする可能性はあるかもしれねぇな。

また当たり前だが、上のような状況にある自宅でクリエイティビティが上がろうはずはないぜ。社長さんよぉ。
画期的なアイデアを出すのに自宅の部屋に籠るという発想がそもそもおかしいだろうがよ!タコ
都会のど真ん中にある豪華レンタルオフィス、オシャレな高級喫茶店、逆に猛烈に田舎の大自然の中、はたまたワイハーみたいに、発揮させたいクリエイティビティの内容にもよるだろうが、少なくとも「自宅」じゃないことは確かだぜ。

皆の会社でも、バカな経営者の方々が「最近流行ってるって、クローズアップ現代でもやってたし、ウチでも導入しちゃうか!」なんて言い出しているかもしれねぇな。でも、何のためにやるのかハッキリさせて、その目的にあった運用を企画しないと、結局は従業員が昼から酒盛りワッショイワッショイするだけのことになって、競争力は上がるどころかガタ落ちる可能性もあるだろうぜ。

まったく、頼むぜ社長。