読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツサラリーマンのガッデムぼやき節

会社じゃマネジメント層のくせに、それが面倒臭くて仕方ねぇポンコツな俺のボヤッキー。

カスボスからの「ボスのために働くんじゃない」には気を付けなはれや!

 

あんた達のボスはイケてる奴かい?俺んとこは、そうさなぁ。揃いも揃ってカス野郎ばかり。寄せ集めたカスでカス汁が作れちまいそうだぜ。

最近流行ってるのかな?「ボスのために働くな」ってぇ言葉が。ウチの役員はどこで覚えてきたのか知らないけど、このところ良く口にするよ。どうやら「上司に媚びへつらうな」、「会社にとって正しいことをやれ」ということが言いたいらしい。

ま、確かにそうだよな。最近に限った話じゃぁないけど、一流の上場企業でも世の中のルールだとか、社会の常識から逸脱しちまって大炎上するケースはよくある。その多くには「上司を喜ばせるために行き過ぎたことをした」だとか、「上司の言うことに逆らえなかった」ってな背景がある。誰かが上司のためじゃなくて、会社のために暴走を止めることができていたら、問題は小さい内に処理されていったのかもしれないな。

でもさ、ウチの役員は「ボスのために働くな」なんて恰好良いことを言ってるけど部下には厳しいぜ。特段珍しい話ではないけどな。「こいつは俺の言うことを聞かねぇ」と思ったら、どっかに飛ばされちゃったり、出世なんかじゃ損することになるだろうね。

まだ、本当に不正なんかをやってるんなら対応のしようもあるかもしれないな。通報者を保護する仕組みもあるみたいだから。でも、実際にはそこまでじゃぁない。
「どう見ても変だろ」ということでも「目立ちそう」と思ったらやっちゃうってな感じだな。部下たちは何とか意図を汲み取りつつ、問題にならないように調整に明け暮れ、そして擦り減っていく。で、当のボスは、社長さんから評価されるってぇ寸法だ。

結局は心身ともに我慢強い、上司に媚びへつらう奴が褒められるんだよな。

会社を良くするために敢然とこのカス上司に立ち向かうかって?
残念ながら俺はそんなことはしない。面倒くせぇしな。はっきり言やぁ、会社がどうなろうか知ったことか、ってな心持ちだな。

でも媚びへつらうこともしないよ。俺は何モノからも自由でありたいからな。ま、それで多少損をしたって構わない。ま、会社には気の毒だけど、俺は今の給料でも何も困らないしな。別にサボるつもりもない。自分が正しいと思うことだけをやるつもりだし、心身を擦り減らすような働きはしない。気楽にいくさ。

あんたならどうする?

 

世のオッサンども!せめて簡単に変えられる外見&体型だけでも変えようぜ。

 

いやー、偉そうに言ってみた。でも虚しい。

ってのも、こんなことを言い出したのは、自分の腹まわり、ケツまわりの醜さにいよいよ気付いたから。いや、実は前からわかっていたんだ。ブヨブヨし始めてたのはな。でも、目を逸らしてきた。
つまり、オッサンの代表はこの俺様って訳だ。ま、第2次ベビーブーマー世代の多くの中年の共通の悩みでもあるかもしれないんだが。

海外にはよく行くが、日本のサラリーマンって遠くから見てもすぐにわかる。悪い意味でな。もちろん服装の傾向もあるんだろう。でもやっぱあの体型だな。腹だけがだらしなく飛び出てたり、逆にヒョロヒョロだったり。韓国人は、兵役があるからなのかな。体はしっかりしてるやつが多い。

そんなこんなで、この腹は流石にいただけないと思っていたところに、何気なくTarzanって雑誌を読んだ。目からウロコが落ちたね。てか、こういう体づくりのための雑誌なんかあったんだな。Kindle unlimitedがなかったら読まなかっただろうし。

で、感銘を受けたのが繰り返し出てきた「追い込む」って言葉。こういう雑誌って、無理なく身体を鍛えていくことを推奨しているものと思ってたけど違う。もうこれ以上できないってところからあとちょっとやる。そこで身体は鍛えられるんだ、と。しかも、本当の肉体的限界の前に、これ以上はできねぇ、と精神的限界の方が先に来てるんだっていうんだからスパルタもいいところだ。でも、なるほどなぁ、と思ったね。

しかも、「ゆるゆるやる筋トレなんぞ、単なる有酸素運動だ」と戒めている。健康の代名詞にもなりそうな勢いの有酸素運動をあっさり切り捨てる、その勇気。グッときちゃったぜ。

実際のところ身体を追い込むのはしんどい訳だけど、この雑誌を書いてるやつらは、未来の自分のボディの格好良さを想像しながら楽しんでいる節さえある。でも、それってサラリーマンがよく読む啓蒙本にも載ってる、成功の秘訣みたいなことでもあるよな。成功した自分のイメージを強くしていけってな。

ただ今日は、サラリーマンも色々勉強して、自分を追い込みながら頑張ろう、なんてジジ臭いいうことが言いたいんじゃない。

言いたいのは、サラリーマンの中年オヤジでも、格好いい体型でシュッとして生きていこうぜってことだ。やっぱり、腹回りが気になってちゃ、気分が乗らないよな。やっぱ、たまに自分に上手く似合った服を着た時とか、良いものを身につけている時って気分が良いだろう?きっとムキムキになったら、きっとおんなじように高揚した気分になるんだろう。

ということで決めた!俺、ムキムキになるよ!

ペラペラの胸を分厚く、ブヨブヨの腹回りはシックスパックスの方向で。

常に鍛錬は「オールアウト」だ。今日初めて聞いた言葉だがな。
「もうこれ以上できないって言ってる奴はまだ出来る。本当に出来ないのなら声なんて出せない」…って、どんだけ追い込むんだよ!でも、それくらいの気持ちってことだよな。

こんなとき、人は思わずジムの会員になったりするんだろうな。しかし、そんなことしたって長続きなんてしない。今、腕立てと腹筋を限界までやろうと思えばやれるんだぞ。やれよ、俺!

ハッ、俺か!

てなわけで、腕立て伏せをやってみた。衝撃。何と、普通のやり方ではある意味2~3回でしんどい。てなわけで、膝を付いてポンコツ・プッシュアップ!でも、自分なりには限界プラスアルファまでやったつもり。これで良いんだよな。きっと。あー、腕だるい。

どうなるかわからんが、やり続けて、スーツがビシッと決まる男前になるぜ。

ほなな!

 

わかりそうでわからない。そんな「同一労働同一賃金」って何よ。

 

同一労働同一賃金って何なんだよ?

最近になって、ちょいちょい新聞やニュースでこの言葉を耳にするようになったな。安倍さんも「働き方改革」の主要な議論の一つだってんで、随分肩に力が入っているみたいだぜ。
でも、20年もサラリーマンやってるとしっくりこない言葉なんだよな。。

んで、そもそもどういう話なのかググったりウィキったりしてやった訳よ。

ふーん、なるほど。どうも、歴史的に見ると元々の趣旨は最近日本で議論されている話とは違うみてぇだな。そもそもこの同同問題(勝手に略しちゃうぜ)のスタートは人権なんだな。

世界人権宣言とやらには、「すべての人は、いかなる差別をも受けることなく、同等の勤労に対し、同等の報酬を受ける権利を有する」と書いてあるんだとよ。

ま、確かにそれなら納得できるよな。例えば、同じ会社の同じ仕事に募集してきた人に対して、性別、肌の色、思想、宗教やらを理由に賃金に差を付けるなんて、どう考えても許されるはずはないわな、少なくとも今時はよ。こんなことを企業の採用サイトにでも書いた日には大炎上では済まんよね。

でも何だか論点が変わってきてないかね?

最近日本では「正社員と非正規雇用の社員の賃金差の是正」の文脈でしかこの話を聞かないんだな。でも、これって人権とか差別って話じゃぁねぇだろう。

確かにある2人がやっている仕事を断面で見たら、同じ仕事をしている瞬間もあるかもしれんけど、だからと言ってその2人に支払う賃金が同じである必要なんて、これっぽっちもないだろうよ。

理由は2つだ。世間じゃもっといろいろな議論があるんだろうけどよ。

1つは、会社ってぇのは「そいつが持ってる"能力"」にも金を払っているというこった。2人が1ヵ月の中で全く同じ仕事をして、同じような成果しか出していなくても、1人はそこの作業しかできない人物、もう1人が経験も長くて管理監督スキルも持っている野郎だってぇんなら、会社はその瞬間発揮されていなくとも、その管理監督スキルに対してより多くの賃金を払う。当たり前のことだろうがよ。

もう1つは、正社員と非正規社員では会社に対する「コミット」のレベルが全然違わぁな。例えば正社員は配置転換だって日常茶飯事だぜ。運悪くグローバルな多国籍企業なんかに勤めていた日には、上司からちょいと呼ばれて、「5年間ミャンマーに赴任してこいや」なんてあっさり言われかねないんだぜ。将来のことを卑しく計算してみれば「はい、喜んで!」と答えるしかないよな。一方で、当たり前だけど非正規社員にはそんな義理もない。「は?ミャンマーって何すか、それ?」で済むわの。

そう考えりゃ、やっぱり賃金差は付くわな。

同同問題と社員間の格差の問題は別モノ

結局のところ、「人権とか差別」を背景に出てきた同同問題を、別の理由で発生している正社員と非正規社員の格差の問題に流用するのに無理があるってこった。格差の問題は別の話題として解決するしかないだろうよ。

確かに、これまで日本では非正規社員は、好きでそういう働き方を自分で選んでる奴が多いんだからほっとけばいい、ってな感じだったよな。フリーターという言葉のニュアンスからもわかるように、どっちかと言えば好き勝手生きている人っていう印象だぜ。

でも、実際には多くの人が安定的な正社員としての仕事を求めていやがるのさ。日本だけじゃなくて、それこそ新興国なんかじゃ非正規雇用の問題はかなり盛り上がっているみたいだしな。そういう貧しい労働者はほとんどが正社員になりたがってるんだぜ。

ま、いずれにせよ格差は格差、人権は人権。どっちも問題を抱えているのは事実なのんだから、政治家の皆さんには上手く捌いてもらいたいものだな。無理だろうけどよ。

 

いくら働いても過労死しない方法が1つだけある。

 

過労死のおさらい。

前回のエントリではサラリーマンの過労死の話をした訳だが、もう少し書かせてもらうぜ。前にはこんなことを書いたかなぁ。

人間は「長時間働くと疲れるぜ」、「睡眠時間が少ねぇと疲れが取れないわな」、「疲れが極度にたまりゃぁ身体と心を病む」。その結果として突然死とか自殺という形で死んじゃうこともあるってこった。

そんな誰にでもわかる明白な道筋だってぇのに、それを通って逝っちまう人が少なくない理由は、「他人の目」を気にしちゃうからなんだ、と。

ま、確かにそう書いたな。でも、物事には例外ってもんが常にあるだろうよ。

いくら働いても過労死しない方法だってあらぁな。

ちょっと想像してみなよ。

あんたはサラリーマンを辞めて、これまでせっせと貯めていた金で新しい事業を始めようとしている。それは小さな会社だけど、あんたが長年やってみたいと思っていたことだ。もちろん金は大して持っていやしない。だから、オフィスを見つけたり、会社を立ち上げるための手続きも全部自分一人の手でやらなきゃぁならねぇ。そんなこんなで、あんたは大忙しさ。寝る時間も惜しんで働いている。

どうだい? こんな状況のとき、あんたは先に書いた普通のサラリーマンと同じように過労死するんだろうかな。まぁ、もちろん睡眠時間も少なくなっているから、どこかの血管がブチンと逝ってポックリあの世行きってぇ可能性はあるだろう。でもやはりサラリーマンの典型的な過労死とは根本的に違うだろうな。

何が違うって、例の方のあんたは、楽しくて仕方がない仕事に没頭しているんだな。そうして、時間も忘れて働いているってことだ。こんなとき人は疲れやストレスをあまり感じることはないんだろう。

その一方で過労死する多くのサラリーマンはどうだい?そう、現実の方のあんたのことさ。本心ではやりたくないことを、他人の目が気になって仕方がないから、やるしかなくて嫌々やっているんだよな。

こんなクソつまらねぇ仕事なんてほったらかしにして、早く帰って美味いモノを食べて寝たい。でも、そんなことをしたら明日上司に何を言われるかわかりゃしねぇ。だから、誘惑を我慢して、クーラーの止まったオフィスで嫌な汗をかきながら一人で深夜残業する訳さ。ふぅ、考えるだけで嫌な気分になるよな。だけど、これが人を弱らせる疲れであり、ストレスってこった。

要するに、同じように長時間働いていても、実際に蓄積される疲れの量は全然違う訳さ。俺はその道の素人だから、何の科学的根拠は持ち合わせてないけど、きっと間違ってないだろうぜ。

今の仕事を楽しくするか、楽しい仕事に移るしかねぇのさ。

好きなことを言いやがって、じゃあどうすりゃいいんだよ、ということになるわな。しかしそんなことは自明だろうよ。生きていくために働かなきゃならねぇってぇ前提なら、取れるオプションは2つだけだぜ。

一つは、今いる会社で楽しくて仕方がないと思えるポジションや働き方を見つけることだな。もう一つは今いる会社からおさらばして、別の仕事に移ることだ。もちろん、今の会社で嫌々働き続けるという(実は多くのサラリーマンが選択している)3つ目のオプションもあるけど、そいつは却下だ。

ただ、実際には2つのどちらのオプションも、全く簡単じゃない。

あんたは既に今の会社の仕事が「楽しくない」と感じているんだぜ。会社で、あんたに突然「楽しくて仕方がない」ポジションや働き方が与えられることなんて万に一つもねぇのさ。だから、今の会社に残るという選択肢を取るってんなら、今の担当の仕事を続ける前提で自分が変わるしかないってこった。今の仕事を楽しく感じるように変わるってことだよな。ま、当たり前だけど簡単なことではないよな。

もちろん転職するという決断だって、言うまでもないくらい簡単じゃぁねぇ。特に日本で働くつもりなら、俺のような中年オヤジが今の処遇水準をキープしながら他社に移るのは至難の業だし、ましてや起業して事業を軌道に乗せた上で、余裕のある暮らしをするだけの儲けを出すなんて、いよいよ奇跡と言うしかない。

だけどよぉ、例え小さくても一歩を踏み出すしかないんだよな。

そう。いきなり大きな一歩を踏み出すことは普通のサラリーマンにとって難しいよな。例えば、いくら今の仕事がつまらないからといって、突然退職するなんてことは俺もお勧めできないぜ。

でも、いよいよ実際に寿命が尽きて死ぬ間際になって、「あぁ、俺の人生の多くの時間は、上司に怒られたくない一心でやってた会社の残業時間に使っちゃったなぁ」なんて思いたくない。どうせなら「我が生涯に一片の悔いなし!!」と心の底から思いながら、拳を天に突き上げてアノ世に行きたいもんだぜ。

だからこそ、どんな一歩かは一人ひとり違うだろうから知らんけど、小さな一歩でいいから、「楽しくて仕方がなくて、時間を忘れて取り組んでしまうような」仕事を見つけるために、前に進むってこったな。人それぞれさ。だから、何をおやりなさいなんて俺には言えねぇ。でも、実はやりたいこと、やらずに後悔してることなんて、実は自分の胸に手を当てて考えてみりゃ、本当はすぐに思い当たるところが、誰にでもあるんじゃぁねぇのか?

他人にわかったように言うのは簡単だよな。さぁて、俺はどうしたもんかねぇ。

 

サラリーマンの皆さんよぅ、過労死なんて絶対にすんなよな!

 

厚生労働省が、今年の「過労死等防止対策白書」ってなぁもんを出したとあったんで読んでみたぜ。2014年に「過労死等防止対策推進法」っていう法律が出来て、この白書は今回が初めて国会報告をされたらしいぜ。知らんかったな。

まぁ何だ。色々書いてはあるんだが、基本的には当たり前のことだな。ちょっと俺の理解で書いてみるとしよう。

「長時間働くと疲れる」。ま、そうだな。
「十分に睡眠をしないと疲れが取れない」。そりゃ、そうだろうぜ。
「疲労が過度に蓄積すると、身体か頭がおかしくなる」。んなこたぁ、わかってんぜ!

何だ、この「火を見るより明らか」な白書は?

働きすぎて十分に寝なければ、どんなに強靭な精神力、体力を持っている野郎でも、いつかはダメにならぁな。そんなことはわかりきっているのに、たくさんの人がそのわかりきった道筋を通って調子を悪くして、最悪の場合「過労死」しちまってるってことなんだなぁ。

その理由を、実は俺だけじゃなくてみんなわかってるんだ。心や身体がおかしくなるくらいまでサラリーマンが頑張っちゃう理由をな。

そう。「怒られたくない」、「他人に悪く思われたくない」ってこった。仕事が間に合わなかったり、上司や同僚の期待に沿わなかったり、その結果「○○君はあまり仕事ができない」という評価を周りから受ける。それが嫌で嫌で仕方がないんだよ、俺たちは。まぁ、それはプライドということになるのかもしれないな。

でも、本当に自分の命よりも、そのプライドってのは優先すべきなんか?んなこたぁねぇよな。プライドが傷つくのは、まぁ確かに死ぬほど辛いかもしれん。でも、死んじまうほどに重要なことじゃない。生きてりゃ、そのプライドを回復できる日も来るかもしれねぇ、別の形でもっとプライドが満たされる日が来るかもしれないんだぜ。でも、死んじまったら、その機会はもうなくなっちゃうんだからな。

話が飛ぶけど、俺は少々ヤサぐれたギャンブル小説が好きで、昔よく読んでたんだが、その中に「麻雀放浪記」ってのがあった。

この中でドサ健っていう、これまたヤサぐれた男が麻雀の途中で死んでしまった伝説の雀士に向かって、「死んだら負けだ、負けた奴は裸になるんだ」ってなことを言う。過労死も一緒だぜ。あんたが死んでしまった後、会社がやるのは「仕事が原因じゃない」っていう証拠を固めることなんだからな。

簡単なことじゃぁねぇ。でも、他人の目なんか気にしない。ある時間以上は働かないし、睡眠を削るなんてもっての他だ。もちろん、急に何かが起きりゃ、ちょっとの間は滅茶苦茶忙しいってぐれぇは受け入れる必要はあるだろうけどな。んで、疲れたんだったらその日はおしまい。帰ってくりゃいいじゃねぇか。

残念だけど、それで評価が下がるなら、それは受け入れるんだ。他の誰かが、自分の健康やその先にある命をリスクに晒して頑張って、そして成功したんなら、そっちが評価されたって仕方がないだろうよ。死んでしまう可能性だってあったんだしな、それくらいいいじゃねぇか、と。

でも、長期的に安定的に結果を出し続けるのはプロの仕事でもあるぜ。実際のところは知らんけど、きっとスポーツのプロだって、毎日120%のパワーで練習したり、試合したりなんてしてない。ま、せいぜい70%くらいなもんか?
俺たちだって同じさ。そうやって、長く安定的な成果を出すことも、きっと評価されるべきだとは思うね。そこんとこは会社次第だけどな。

ま、とにかくサラリーマンの皆さんよぉ!会社の仕事なんて下らねぇもののせいで病気になったり、命を落としたりするなんて、あまりにもったいないぜ。生きてりゃいいことがある。とにかくサバイブ第一で生き延びていこうぜ!なぁ。

 

おい!「不本意残業」って変な呼び方何とかしろよ。

 

塩崎厚生労働大臣日経新聞のインタビューで、「意に反した長時間労働はわが国から根絶すべき」と述べたことを指して、日経新聞が「不本意残業の根絶を訴えたものだ」と記事にしています。

私はその道の専門家ではないので、正確な表現ではないかもしれませんが、日本の労働関係法においては、「残業をさせる」ためには、いわゆる労使間で「36協定(サブロク協定)」を結んで、行政官庁に届け出をする必要があります。

ちなみに、36協定のことを「年間限度360時間」のことだと勘違いして、堂々と熱弁を奮っている方を見かけますが、「労働基準法36条の協定」のことです。360時間に残業のハードルを設ける企業が多いからでしょうかね。

で、その36協定が締結されている前提において、会社と従業員が労働契約上で「会社は36協定の範囲で残業を命じることがあるけど、合理的な理由がなければ従業員はそれに従ってね」ということを約束しているケースが多いのではないかと思います。

これが一般的な運用だとするならば、「不本意残業」という言葉が一体何を指しているのか謎です。
つまり、残業は従業員本人にとって本意であろうがなかろうが、合理的な理由がない限りは会社の命令に従って行わなければなりません。ですから、従業員が「不本意ッス」と騒いでも、そのことには少なくとも法的な意味はないはずッス。

今やっている仕事が時間を忘れるほどに楽しくて仕方がない、という前向きな人や、残業代はいくらでも欲しいというようなダボハゼ的な人なら、積極的に残業を受け入れるでしょうが、それ以外の多くの人はきっと「出来ることなら早く自宅に帰りたい」と思っているでしょうから、会社が命じる残業は「不本意」であることが多いように思います。

ただ実際のところは、一昔前の安物のテレビドラマにあるように、
上司「おい、○○君。今日はこの仕事を仕上げるために残業をお願いできないかい?」
部下「え、課長。本日はデートで無理ッス!」
上司「そうか、参ったなぁ。楽しんで来いよ」
みたいなキモいやり取りは発生しておらず、従業員自身が仕事の進捗に応じて命じられることもなく残業をしているでしょう。だからと言って、それが従業員が望んで、つまり本意による残業かと言えばそんなこともない。やはり「不本意な方が普通」ということじゃないんですかね。

それだけに、塩崎さんが言う「意に反した」、「不本意」な残業を根絶するというということが、何を意味しているのかがわからないわけです。

もし、現在の日本の一般的な企業のように「36協定+労働契約」によって、基本的には従業員が残業指示に従わなくてはいけないという制度を、「日々の残業には本人の同意がいる」、という形に変更するのは経営者にとってはリスクが伴います。アジアの一部の国では、残業を拒否することで、団体交渉を有利に進めよう、なんていう組合の動きもあるみたいですしね。

政治家の方々には、もうちょっとわかりやすく説明して欲しいものですな。

 

在宅勤務、導入したはいいけど「サボり対策」はどうするつもりなんだい?

 

前回のおまけみてぇな話になるがな、在宅勤務導入にどうも踏み切れねぇ会社ってのは、結局「従業員の野郎どもを家で働かせると管理ができねぇ」と思ってんだろう。

まぁ一言で管理と言っても、従業員とコミュニケーションを取る、なんてことも含めた労務管理もあるだろうし、働いた時間を正しく把握するための時間管理だの、仕事の進捗管理だの色々あらぁな。つまり、従業員のことを大切に思って行う管理と、やっぱり従業員を野放しにしないために行う管理ってのがあるんだろうな。

で、当然口先だけ「従業員を大切にするのや、ワシは」、なんてコイてる経営者の皆さんが気になるのは、「世間的に恰好がいいから在宅勤務は導入するけど、従業員どもが真面目に働くなんて信用しちゃぁいねぇ」ってこったな。

在宅勤務についてググってみたら、まぁ当たり前だけど「サボり対策」については色々と企業側も手を変え品を変えってな状態みたいだぜ。

クローズアップ現代で、パソコンで小まめに業務中の退席時間や就業時間を記録していく仕組みを導入した企業が紹介されていやがる。この会社じゃぁ定期的にパソコンの画面が記録されて、上司がそれを確認するんだとよ。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3695/1.html

まぁ、身もふたもねぇ言い方になるがなぁ、こんな事例を見てもわかるのは、結局「サボりに対する良い解決方法などねぇ」ってことだな。
自発的に業務の退席を入力するなんて、従業員のその気になりゃぁどうにでもなるんだし、パソコンの画面の記録だって悪意を持って操作をすれば、誤魔化すことだってできるだろうしな。
逆に上司の方だって、複数の部下のパソコンの画面を時系列で比べたりなんかしながら、「うむ。頑張っているようだね」とか、「おや○○さん、上手く進んでいないようだねぇ」なんてチェックしていたら日が暮れちまうぜ。てゆうか、テメェの仕事しろや上司、という話だわな。

そもそも、あんまりガチガチに管理しちまえば、従業員のモチベーションも下がるし、会社に対する信頼感にもダダ下がりってもんだ。例えば、真面目に働いているかどうか把握するために、ずっとウェブカメラで本人が働く姿を撮ってリアルタイムで上司にそれを転送する、なんてやり始めたら「いやいや、そこまで疑うんでしたら、会社で働きますから」ということになるだろうぜ。

そもそも会社に来て、パソコンを見ながら何やらゴソゴソやってる従業員が会社にとって有益な仕事をしている保証も元々ないんだがな。実際のところは。

まぁ、いいや。とどのつまりはだな、この在宅勤務を導入する以上は、従業員を信頼するしかないってことだ。んで、様々な管理を「成果寄り」にしていく必要がある。結局、どれくらい頑張ったか、なんてぇ「プロセス」はもう見れなくなるんだからな。

ただよぉ、出てきた成果が実際には本人がやったものかどうかだって定かじゃぁないぜ。俺が本当に会社に優秀であると評価をされてぇって思えば、嫁さんにでも仕事を手伝ってもらったっていいし、人より早く昇格して金が見合うんだったら多少バイト代を払って他人に仕事をしてもらってもいいよな。

でも、それは会社にはわからねぇ。だから、導入する以上はその点はあきらめて、成果は成果として会社のものとしてガメちまえばいい。その上で、そんな替え玉人材が評価されることを諦めて受け入れるか、替え玉人材であることを見破るしかないってことになるよな。

まぁ、社長さんよ。もしその覚悟がねぇのなら、在宅勤務なんて恰好付けて導入するのは見送った方がいいんじゃねぇのかな。何にせよ、流行りに任せた導入した仕組みが上手くいった試しはなんだろうからな、テメェの会社の状況を踏まえて目的を持って導入したまえよ。どっちでもいいけど。