読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツサラリーマンのガッデムぼやき節

会社じゃマネジメント層のくせに、それが面倒臭くて仕方ねぇポンコツな俺のボヤッキー。

威圧スキルだけが強いポンコツエグゼクティブな人たち。

労働

 

あんたの会社にもいるだろう。

報告だの決裁だのを持って行ったときに、何だか急に違う角度から小難しいことを言って、あんたを困らせる偉いさんがさ。

もちろん、あんたの持って行った提案がポンコツだった可能性は否定できねぇ。もしそんな隙があったと思うんなら反省するんだな。

しかしなぁ、その偉いさんが本当に会社にとって有益な新しい切り口でモノを見れるイケイケ慧眼経営者かってぇいやぁ、必ずしもそうとは言えないぜ。

偉いさんの中にはな、「いかにも経営者っぽく小難しいことを言って、部下を威圧するスキルだけが高い」って野郎がいくらだっているんだ。もちろんテメェで「自分を大きく見せたい」と思って一生懸命演じている惨めなケースもあるかもしれないだろうが、俺の感触では「威圧スキル発揮」の成功体験を積み重ねて、偉くなっちまった、ってぇ野郎の方が多いような気がするぜ。

無垢な従業員から見りゃ、「さっすが、ウチの偉いさんは見る視点が違うよな!」なんて感心しちゃったりするかもしれねぇさ。
偉いさんのさらに偉いさんも、「ビシビシ部下をしごいてくれているみたいですねぇ」なんて思っちゃったりするかもしれんぜ。
それが成功体験って訳さ。

威圧スキルの発揮の仕方はそれこそ、色々なパターンがあるぜ。

一つ例を挙げるなら、「純真無垢なほどにタブーなく発想する」パターンなんてのは典型的だ。

一般的に言えば、実務に近い担当者ほど、調整相手の状況がわかっていたり、納期に制限があったり、ある対策にどれ位の金と時間が掛かるかわかってたりする訳だよなぁ。

それを、偉いさんは全く気にせずに自由に発想しちゃう訳さ。例えば、国内の仕入先の選定で頭を悩ませている部下に対して、「ミャンマーの線は考えてみたかね?」なんてな。

「は?何言ってんだ、オッサン」と部下も口には出しては言えねぇから、モゾモゾしてると、「もう一段視点を広げて考えてみても良かったんじゃないか?」なんてなぁ。偉いさんからすりゃぁ、「また、ナイスな指導をしちゃったな…俺」なんてご満悦さ。

まぁ、言うまでもなく、この偉いさんは前日にカンブリア宮殿で「最後の新興国ミャンマー」なんてぇ特集を見ただけなんだぜ。

だけどな。こういう威圧スキルは抵抗するのが難しい厄介もんだ。

ミャンマーがいかにバカな案であったとしても、あんたが「そんなことを検討する必要はない」と言った瞬間に、「俺に盾突く反乱分子」、「柔軟な発想のできない頑固者」なんてレッテルを貼られて、あんたは損をするんだ。

会社のためを思って発言をして、あんた個人がバカを見ることはねぇさ。あんたは「もう一度、ミャンマー等を含めて検討してみます」と言って引き下がるか、「少し、時間、予算が必要になりますが、検討してみましょうか?」なんてギリギリの抵抗をするのが精いっぱいさ。

恥じることも反省する必要もないんだ。上司の特権を振りかざして、あんたが抵抗できないやり方でご指導していやがるんだからよ。あんたがミャンマー案を持って行ったら、「おい!国内の仕入先さんとの付き合いは、人件費が高いってだけで切っていいと思ってんのか?共栄の仕方を考えるのがお前の仕事だろう」なんて怒られちゃう訳だからよ。

こういうスキルがあるんだ、と理解しておくだけでも、遭遇したときに嫌な汗をかいてストレスを感じることはなくなるだろうぜ。ま、面倒くせぇ追加の宿題をいただいちゃうことは避けようがないけどな。

じゃ、嫌な月曜日もやってくるみてぇだし、お互い頑張ることにするかね。

 

おっさんサラリーマンも遠慮なく音楽で感動してやりなよ。

ブログ

前回のエントリで、おっさんサラリーマンも勢いよく冒険して感動しようぜ、なんて柄にもなく書いちゃったけど、今回はそのおまけみたいなもんだ。

俺はあんまりこれまで音楽を積極的に聞く方ではなかったんだけどよ、最近の定額サービスは音楽との付き合い方を変えたイノベーションだと言わざるをえないぜ。ダウンロードまでし放題なんだから太っ腹だよな。

俺は会社から渡されているスマホiPhoneなもんだから、Apple Musicを使ってるが、最新の楽曲から過去のヒット曲までカテゴリーに分けられてる。

www.apple.com

でも、こうやって何百万曲だの何千万曲だなんてもんが目の前に陳列されると、ふと気が付くね。俺に最高の一曲を見つけることの難しさをさ。

それから、最新のヒットチャート何かを聴いていると、「2匹目のドジョウを狙ってみました」的なインスパイアされた系の曲も少なくない。やっぱり、そういう曲ってのは元の方の曲を超えることはないよな。

つまり、全米ヒットチャートってぇ、多分ランクインすることが世界屈指の難しさを誇るものの中にすらつまらねぇ曲が少なからず存在するってこった。まぁ、あんたがつまらねぇと思ったものに俺がグッと来ちゃうこともあんだろうから、人それぞれってことではあるが、全部が全部グッと来ちゃうことはねぇわな。

だから、自分が感動できる曲を見つけるためには、つまらない曲を頭から最後まで聴いている暇はねぇはずだ。常に「もう一回聞く気になれそうかどうか」ってぇ気持ちで気合いを入れて聴く必要があるはずだぜ。

いらねぇ、と思ったら素早く「好きじゃない」判定を下して、次の曲に移る。んで、「お。いいかも」と思ったら、さっさとプレイリストにぶち込んでやる訳さ。

そして、車に乗っているときでも、会社に電車に向かうときでもいいから、プレイリストを聴いてみる。んで、「やっぱり好きかも」というものだけ残して、「違ったな」と思ったものはポイだ。

こうしてりゃ、俺様のプレイリストは、テストを繰り返した結果として残った、コテコテ俺の好きな曲の集合体となる訳さぁ。

こいつを聴きながら散歩したり、軽くジムで汗を流したりすると、何だか感動するんだなぁ。

俺も世に拗ねてるだけの、おっさんサラリーマンというわけじゃぁねぇのさ。
ヘヘヘ。

 

しがないおっさんサラリーマンでも毎日冒険して感動するんだぜ。

ブログ

 

この世の春を謳歌している若造どもから見りゃぁ、俺みてぇなおっさんサラリーマンは、毎日会社の往き返りだけを繰り返してつまらねぇ人生を過ごしてるってことになるんだろうなぁ。

あぁ、確かにふと気を緩めちまえば、実際にそんな感じになっちまってる。会社に行って、何となくそれっぽく仕事をして、何となくいつも通りキリの良いところで帰ってきて、何となく家で用意されたメシを食いながらビールを飲んで、気持ちよくなったところで風呂でも入って寝るかってなことになる。

俺が言いてぇのは、それじゃあダメだってこった。若さしか取柄のねぇ小僧どもに笑われたって仕方はねぇな。
しかもきっと、そのままそれを繰り返して、いつの間にかジジィになって死んじまうのさ。

俺はまだ死ぬ間際のジジィじゃぁねぇからよくわからねぇが、「さぁてあの世往きだ」ってときに「まぁ、良い人生だったんじゃねぇか」と思えるのは、きっとどんだけいっぱい「感動」したんかってこったろうよ。

感動の仕方は色々あるだろうがよぉ、上に書いたみたいに何の意図もなく漫然と過ごす生活の中にはそう転がっていることじゃぁねぇ。

そう、感動は冒険の中にこそあるのさ。

冒険ってぇと何だか自然いっぱいの野外活動でもしそうに聞こえるかもしれねぇがそんなことは言ってねぇ。簡単なことよ。いつもやらねぇことに、ちょっぴり勇気を出して取り組んでみるってことさぁ。

別に仕事をしているときだっていいんだぜ。今まで話をしたことのない野郎と直接会って話したっていい、いつもは使わねぇ白板にテメェの下らねぇアイデアを書いて回りの人間に披露したっていいだろうよ。

もちろん仕事以外でもいつだって冒険はできるんだぜ。嫁はんに黙って半日休暇でも取って、行ったこともないような名所を巡ったっていい。友達を誘ってオカマバーに行ったっていいだろうよ。読んだこともないようなホモ雑誌を買って読んだっていいじゃねぇか。別に同性にこだわるつもりはないんだが、まぁ非日常の例ってこった。雑誌買ってるところを偶然通りかかった嫁はんに見つからないように気を付けるんだぜ。

まぁ、何だっていいんだよ。多少金の掛かることだっていいじゃねぇか。俺は最近このブログを書くからってんで、東プレとやらの高級キーボードを買ってやったのさ。気持ちいいね。感動さぁ。

そう、人生を楽しむために金はあるんだから元気なウチに使っちまえばいいんだよ。しかも、小僧に勝っているのは、おっさんサラリーマンには多少の金の余裕があるってところだろ?アドバンテージを有効に使わないでどうするのさ。

でも、ちょっとしたことが面倒くせぇんだよな。特に「ちょっとした勇気」がいるようなことはな。何もしなければ、心が乱れることもないし、失敗することもない。その代わりに感動もないし、本来貴重で忘れられねぇ一日になりえたその日は、明日になれば、何をやっていたのか思い出すこともできない下らねぇ一日になり果てるんだ。

別にそっちの方が楽だからそうするってんならそうすりゃいい。俺たちは自由なんだからな。
でも、一回「何か冒険することはないかなぁ」なんて考えて過ごしてみちゃぁどうだい。いつ止めたって、それこそあんたの勝手なんだからよ。

 

集中力の衰え始めたポンコツサラリーマンな俺様。

労働

 

さぁて、今日もちょいちょいと集中力を上げるためのお勉強をすることにするぜ。

昨日、少々大作エントリゆえに面倒臭くなって最後まで読まなかったサイトを見てみるかなぁ。

re-sta.jp

ふーん。ゾーンねぇ。俺ってゾーンに入ったことってあんのかな。

確かに学生の頃に麻雀やってるときなんかには、俺は絶対に負けねぇって思える瞬間もあったかもな。そのときは疲労も感じなかったし、時間だってあっと言う間に過ぎたもんさ。
あぁ、きっとそうだ。ああいう感じの状態のことを言うんだろう。

しかし、今でも麻雀は大好きだし、やってりゃぁもちろん楽しいんだが、どうも途中で疲れて面倒臭くなっちまう。翌日が眠いなんて辛いじゃねぇか。もしかすると麻雀くれぇでやり取りする小銭に執着する気力がなくなってるのかもしれねぇな。
どうしちゃったんだよ。俺様。

何にせよ、前回のエントリでも書いたようなことだが、「今に注目すること」、「揺らぎ、とらわれの状態から脱すること」ってのは頷けるぜ。

まぁ、しかし何だ、他人がブログで何だかんだ書いてあるのを読んでも、大して役に立ちゃぁしねぇな。やっぱり自分のことは自分が一番よくわかってんだ。

前回のエントリでも、ちょっと触れたが、俺が集中できていない原因の一つは、対人関係に関わる懸念があるときだな。これは、ストレスを強いられる相手とのやり取りだけじゃなくて、下らねぇことを言っていやがる、下らねぇカス野郎をどうやって言葉の暴力でぶっ飛ばしてやろうかって考えているようなときも同じさ。

それに加えて、必ずしも対人関係だけの話じゃなくても、何か「忘れちゃいけねぇタスク」みたいなもんが頭の中にあると、それを忘れねぇように頭ん中で反芻しているようなところもある。

ふーん。ってことはだよ、もしかするとタスク管理の仕方ひとつで、余計なことを考える必要が軽減されるかもしれねぇな。こんなジジイになってから言うのも憚られるような新入社員レベルの話だけどよぉ。

よし。じゃあ、こうしようじゃねぇか。

とにかく、何かタスクが出てきたら必ずその場でタスクだけを集約したメモに記入すること。んでもって、そのタスクを必ず毎日確認することにしようか。
特に人間関係に関わる案件が出てきたときは、「相手との質疑応答、言葉の暴力の振るい方を考える時間」ってを自分のスケジュールで確保しちまうってのはどうだい。

その時間が確保されているんだから、それ以外の時間にボンヤリ考える必要なんてないもんな。もし、そういう管理の仕方が自分で「板に付いてきた」と思えるようになった暁にゃぁ、自然と「気にならなくなる」という状態になるような気がするぜ。

お!何か、明日からギンギンに集中できるような気がしてきたな。

はぁーぁ。ジジイになると色々上手くいかなくなるもんだなぁ。若い人たちも、気が付きゃぁ転がるようにジジイになることだけは忘れちゃいけないぜ。

じゃぁな!

 

おいおい、何だか集中力が落ちてきてねぇか、俺?

労働

 

やっぱり時間が経過していくと、人間だろうとモノだろうと劣化していくってのは宇宙の法則ってもんだな。

毎日付き合ってる体だからなかなか自覚症状を感じることはねぇぜ。でも、40歳も超えるとふとした瞬間に、「俺ってこんな感じだったっけ?」って思うのさ。
つまらねぇ話だけど、さぁて爪を切ってやろうと爪切りを使おうとして、「ん?何だか切りたいと思ってる細部が上手く見えねぇ」ってなぁ。こんなことを書いてる今でもきっと単なる疲れ目だったって信じたがってるのさ。

そんな俺なんだけどよぉ、最近どうも集中力が持たないって感じてきてるんだよな。

部下からの報告を聞いていても、途中からあんまり聞いていない。そんなもんだから、内容も良くわからないまま、ありきたりなフィードバックをしておしまいだったり、何だか意味のわかったところだけ随分元気に指導したりなんてな。部下も気の毒なこった。

しかし、何だかそれじゃいけねぇよな。何だか人間としてのパフォーマンスさえ落ちている感じがしちゃってよ。

そんな訳でちょっとググってみちゃったぜ。どれどれ…。

psychobooks.hatenablog.com

ふーん。まぁ、ヨガがどうこうというのはさておいて、「人は常に色々な未解決の問題が頭の中にチラついてる」ってのは、何だか上手く俺の状態を表しているようだぜ。

何てぇか、チマチマしたタスクってぇよりかは「ちょっとだけ面倒臭い心理的に負担に思ってる案件」だな。そして、そんな風に負担になるのは、対人関係が絡む案件って気がする。「他人の目なんか気にすんな」って偉そうに繰り返してる俺が情けない話だな。

「あのバカにまた下らねぇお願いしなきゃならねぇ…。あの野郎はきっとこんな風に反論してきやがるだろうから、こんな風に逆襲しなきゃならねぇなぁ。うぅーむ」なんてことを、部下の報告を聞きながら考えちゃってるってことなんだろう。

ヨガはどちらかと言うと、基礎的な脳の働き方を鍛えるってことみてぇだ。しかし、ヨガっちゃうよりは、もうちょっと直球で集中力が上がる方法はねぇもんかな。

tossk.hatenablog.com

何だか書いていることはよくわからねぇが、「ゾーン」って言葉、確かに集中している状態をよく表している感じがしていいねぇ。
俺みたいにいつも別のことを考えちゃうポンコツといつもゾーンに入っちゃってる奴を比べたら、人生も劇的に変わっちゃうだろうね。どうやったらゾーンに入れるんだろうなぁ。

kokoromanual.com

ん。こいつは何だか本格的な雰囲気のするサイトだな。ゾーンに限らず、集中しているときは時間感覚まで変わってくるってんだな。確かに夢中になれるってのは、人生にとって、最も大事なことの一つだと思うぜ。
ふーん。まぁ、確かに「現在に集中する」というのはわからんでもないな。でも、その集中の仕方がわからねぇんだってことでもあるんだがな。

あと集中するためには、体調がよくなくちゃいけねぇ、腹八分にした方がいいってのもうなずけるよな。

re-sta.jp

お。こいつは、なかなかの大作じゃぁねぇか。
ボチボチ読まねぇと今日寝れなくて、明日の集中力が保てそうにないぜ。よっしゃ、ここからは次回にするか!

おっと、でも一つくらい明日から実践することを決めておかないと、何も変わらねぇ。ふーん、ヨガりたくはねぇしな。身体かてぇし。

よっしゃ決めたぜ!明日からは、とりあえず「完全腹八分」ってことにしてやろう。以前のエントリで、細マッチョになる、と宣言した割に、全く体重も減ってねぇところだったしよ。

んじゃな!

 

評価ばっかりしてねぇで仕事しろ!タコ上司どもよぉ。

労働

 

どうも上司ってのは、人をしたり顔で評価するのが随分と好きみたいだな。毎年の評価の時期になろうもんなら、人事部が用意した下らねぇ評価シートなんかシコシコ書いては、バカ面を並べて部署のメンバーの評価のすり合わせなんてしていやがる。

マネジメントされる側から見りゃ、さぞかし高尚な議論がされているんじゃないかなんて勘違いしているかもしれねぇが、全くつまらねぇ話さ。結局上司どもがやってるのは、いかに自分が部下の強みだの弱みだのしっかり知っていて、その弱みに自分がどんなに立派な指導をしているかっていう私心に満ちた自慢話だ。

そりゃそうだろう。部下どもの評価が終われば、次には自分たちが部屋から出されて、自分自身の評価のすり合わせが始まるんだぜ?
ポンコツ上司どもの、そのさらに上のマヌケ上司に「うむ、彼はメンバーを上手くリード、指導して頑張っているようだね」なんて言ってもらいたいから、必死になっていやがる訳さ。

大体俺は他人を評価するのも、評価されるのも大っ嫌いさ。だってそうだろう、上司が部下よりも優秀だなんてどこにも保証はねぇんだ。
たまたま早く生まれて、たまたまその時代の会社の状況に上手くハマって偉くなっただけだろう?まぁ、早く生まれたおかげで部下よりゃ長く会社にいる分、経験の量だけは多いかもしれんぜ。でもよ、ましてや地頭レベルで比べりゃ部下の方が何倍も賢いかもしれねぇって寸法さ。

そんな比較すりゃ部下よりも劣っている可能性も十分に秘めたポンコツ上司が部下のことをわかったような顔をして、私心丸出しで評価していて会社が良くなるわきゃぁねぇわな。

上司ってのは自分のこれまでの知識、経験だの、信念だのといった人間としての力を総動員して部下と一緒に仕事をするんだ。そして、部下はそいつを反面教師という意味だろうがロールモデルという意味だろうが好きなように受け止めて、自分自身で成長していきゃぁいい。
そして上司がやるのは部下の才能を見つけて、伸ばしてやること。んでもって、その才能が活かせるポジションにアサインできるように手伝ってやりゃぁいい。

間違っても、人事部が作った複雑怪奇なコンピテンシー評価シートだか何だかを使って、年に1回シコシコ紙を埋めて気持ち良くなるんじゃぁねぇぞ。大体部下の気に入らねぇところがありゃぁ、年1回のフィードバックの時期を待たずにその時に言やぁいいだろう。

何にしても、そんなつまらない紙で人が育つわけはないんだ。大体クソみてぇな評価のすり合わせ会議でそのクソみてぇなコンピテンシーの紙なんて使ってねぇだろうが。次世代のリーダーが誰かなんて見てりゃ誰の目にも明らかなんだからな。

さらに言えば、別にリーダーになって、偉くなって給料が多くなることだけが幸せだなんて今時の若者が思っているはずがないだろう。だって、給料だけはたくさんもらってるかもしれねぇが、ブタのようにこき使われてるお前さんのみっともねぇ姿を見てるんだぜ?

そう、俺たちが会社に入ったときに植え付けられたような価値観は薄れてきてる。だからその価値観を前提にしたような人事制度なんぞ、みんな表面上は神妙に聞いてるような顔をしていやがっても、本当のところは見向きもしていないのさ。

さて、俺の会社も年明けから評価シートを埋めろだの、部下との面談をやれだの言ってきていやぁがるが適当に付き合って、意味のある仕事をするぜ。あ~ぁ、アホくさ。

 

英語ができるだけで重宝がられるポンコツジャポン企業。

労働

 

まぁ何だ、一つ前の投稿じゃぁ、英語ができねぇポンコツ部長のことで頭に来ていたのは確かだがよ。少し発想を変えてみることもできるだろうぜ。

確かに日本人にとって英語は大きなハードルだ。欧米の野郎どもが一切の努力をしなくても、最初から使えるものに時間も金も掛けなきゃならねぇ。グローバル競争なんて気軽に言っているけどよ、ものすげぇハンデ戦だよな。

だけどよ、あんたがもし日本のポンコツグローバル本社に勤めているなら、きっと悪い話ばかりじゃないはずだ。そう、あんたがちょいと英語が話せるだけで重宝がられちまうのさ。何だか、それってありがてぇ話じゃぁねぇかな。

ビジネスセンスだのリーダーシップだの、とかく人間の元々持って生まれた資質だとか地頭の良し悪しに強く影響を受ける能力ってのは、努力だけでは身に付かない可能性もある。そもそもそれを評価しようとする野郎にも大きく左右されちまうことだってあるだろう。時には社内の政治的な理由とか、ただ単なる好き嫌いでな。

だけど、言葉は頑張ればいつか喋れるようになるのさ。地頭の差はもちろんあらぁな。語学のセンスみてぇなものも無視できないくらいの大きさで存在しているかもしれねぇ。とは言え、努力すれば必ずペラペラになるんだ。

欧米の奴らとしゃべってたって、バカな奴らはいくらでもいる。でも、そんな奴らでも英語はペラペラさ。当たり前だけどな。
そんな奴らは欧米の会社ではもちろん浮かばれることなく、そこを去る運命にあるんだが、ポンコツジャポン企業じゃぁ事情は違うぜ。英語が本当にペラペラの日本人は何といっても大切にされるのさ。

前回のエントリに書いたような、英語の話せないエグゼクティブ達も実は結構大きな劣等感を持ってる。でも、それを気取られまいとわかったフリをするから、あんたが英語でやっている仕事に下手に指摘をしてくることもなく、基本的には「まぁまぁ、いいんじゃないか」なんて中身もよくわかってないくせに認めてくれるものも多いだろうぜ。英語の単語の意味を間違えて指摘なんてして、「あ、部長それは○○って意味です。プ。」なんて言われるのはプライドが許さないからな。まぁ、よくそんな会社が生きながらえられるもんだと感心するがねぇ。

ただ、一つだけ言っとくぜ。「ペラペラ」って簡単じゃないってことだな。

こんな風に偉そうに言ってるもんだから、きっとペラペラなんだろうな、この野郎、なんて俺のことを思ってるかもしれねぇ。確かに、英語初心者から見りゃあペラペラみたいに見えるかもしれんな。でも、実際に欧米人と議論するときは、そりゃぁもう必死さ。わからない単語だってあるぜ。でも、わからないときゃぁ、「何だと?」と聞き返してやりゃあいいのさ。

TOEICなんてテストがあって、しばらく前に受けたら俺のスコアは900点くらいだったな。ま、それなりに「スゲェ」なんて言われる点数かもしれねぇ。ただ、実際のところはテストのコツみてぇなもんで点数を取っているところもあるわけだ。しかも、満点が990点だと聞くから、1割は間違えてるってこったな。(よく知らねぇが、TOEICの点数ってのは偏差値みたいなもんだって聞いたことがあるから、正確じゃないかもしれんが)

外人とガチンコでビジネス会話をしている1割の中身がもしわからなけりゃ、そりゃぁペラペラどころかコミュニケーションが取れているとも言えないだろう。
そう、「ペラペラ」は大変なのさ。実際のペラペラレベルってのは、CNNとかBBCのテレビのニュースや新聞を生でスラスラ聞けたり、読めたりするくらいのことを言ってんのさ。

でもよ、さっきも言ったように、努力すれば必ずあんたもペラペラレベルになれるんだぜ?
さぁ、あんたも上司に下らねぇゴマすりをしてる時間があったら、単語の一つでも覚えたらどうだい?